トップ > 本をさがす > エビデンスで差がつく食育
spacerspacer
img
エビデンスで差がつく食育
大学生,大学院生向けの食育入門書。コラムを盛り込み,基礎から実践までを展開。
藤原 葉子著/石川 朋子著/赤松 利恵著/須藤 紀子著/森光 康次郎著/香西 みどり著/佐藤 瑶子
出版社名:光生館
発行年月日:2017-08
ISBN:978-4-332-02103-2
価格:2,400円(本体)
判型:B5判
頁数:136頁
出版社から
食をめぐる状況の変化により「食育」に注目が集まるとともに,インターネットやSNSの普及で情報過多の時代となった。このような時代のなか食育の専門家には,レベルの高い確かなエビデンス(証拠,根拠)を発信するために,一過性の情報に惑わされることなく,その入手と実践について高度なスキルが求められる。本書は大学生,大学院生向けの食育入門書。コラムを盛り込み,基礎から実践までを展開。 【目次】 第1章 食育に必要なエビデンス   第1節 食育がめざすこと  第2節 食情報のエビデンスを正しく役立てる  第3節 エビデンスの読み取り方と示し方 第2章 食育を支える基盤的エビデンス  第1節 からだのしくみのエビデンス  第2節 栄養素のエビデンス  第3節 機能性成分のエビデンス  第4節 調理のエビデンス 第3章 エビデンスに基づいた食育の実践に向けて  第1節 ディベートを活用したスキルトレーニング  第2節 食育活動の計画と評価

img 本を購入するには、下記の購入サイトをクリックして、それぞれのサイトで購入手続きを行ってください
 img
img
e-honで買う
img
img
セブンネットショッピングで買う